女の人

女性ホルモンを増やす方法は食品から気をつけること

女性らしい体を作る

考える女性

女性らしい体を作る為に、女性ホルモンの働きは大変重要です。そもそも女性ホルモンとは、卵巣から分泌される「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の2つのホルモンのことをいいます。エストロゲンは女性らしい丸みを帯びた体を作るために、プロゲステロンは子宮の内膜を妊娠しやすいように整え、妊娠の手助けをするためのホルモンです。女性ホルモンの役割はそれだけでなく、気持ちを穏やかにさせてくれたり、肌にツヤやハリを与えてくれたり、カルシウムの吸収を促し骨を丈夫に保ってくれたりします。女性ホルモンを増やしていつまでも健康的な体で過ごしたいところですが、ホルモンの分泌のピークは20代〜30代です。35歳を過ぎると分泌が減り始めてしまい、45歳ぐらいからは急激に減少してしまいます。女性ホルモンを増やす方法を実践していつまでも健康的な女性でいることが重要になってきます。

「ホルモンバランスが乱れる」と聞いたことがあると思いますが、これは女性ホルモンが正常に分泌されていない状態のことをいいます。ホルモンが乱れると一番影響を受けるのは、月経不順や無月経です。それを防ぐためにも、女性ホルモンを増やす方法を実践して安定した状態でいられるようにしましょう。ホルモンを増やす方法はいくつかあります。女性の大敵「冷え」はホルモンバランスを乱す原因なので解消すること。夜更かしをせずしっかりと睡眠をとること。適度に運動をし、代謝を高めること。ストレスはバランスの乱れの元なので湯船に浸かりリラックスすること。また、食事でも女性ホルモンを増やす方法はあります。ホルモンの元になるのはたんぱく質と脂質です。特に大豆イソフラボンは最も効果が高いと言われており、納豆・味噌・きな粉・豆腐などの大豆由来の食材から摂取することができるので、積極的に食事に取り入れていきましょう。他にも、1日1個卵を食べると、良質なたんぱく質とコレステロールが摂取でき女性らしい体づくりを手助けしてくれます。このように、女性ホルモンを増やす方法は手軽なものばかりなので、実践して女性らしい体を保っていきましょう。