女の人

女性ホルモンを増やす方法は食品から気をつけること

若々しさを保つために

微笑む女の人

ホルモンが減少する原因

女性らしい肌や体型を作っているのが女性ホルモンです。しかし、女性ホルモンは30代をピークにしてどんどん低下していきます。女性ホルモンが少なくなると、女性らしさが失われていきます。また、更年期障害の引き金にもなります。今は若年性更年期障害といって、20代で女性ホルモンが減少して更年期になる女性もいるそうです。若くして女性ホルモンが減るのは、ダイエットやストレス、生活習慣の乱れなどが原因です。更年期が早く来ると閉経も早まり、不妊症の原因にもなります。女性ホルモンを増やす方法には、生活習慣を正しくすること、ストレスを発散させることなどがあります。また、ホルモンを増やすイソフラボンなどのサプリメントも効果的です。

サプリで補う

女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンの二種類があります。これらは生理周期によって増えたり減ったりを繰り返しています。エストロゲンは美人を作るホルモンで、バストを大きくしたり、肌を美しくしたりする働きがあります。エストロゲンは40代中ごろを境に一気に減少します。エストロゲンを増やす方法は沢山あります。病院でホルモン補充療法をすれば、エストロゲンの薬をもらえます。もっと手っ取り早く増やす方法がサプリメントです。イソフラボン、ローヤルゼリー、プラセンタ、プエラリアなどが有名です。年をとって体や心に変化を感じてきたら、女性ホルモンを増やす方法を積極的に取り入れることで、更年期障害や老化対策ができます。